施術後の確認

女の人

顔がむくんでいるわけでもないのに、瞼が腫れぼったくなっている人は、瞼の脂肪吸引施術に挑戦してみましょう。瞼が腫れぼったくなっていると、眠そうに見えたり、目つきが悪く見えたりしますが、脂肪吸引をすることで悩みを解決することがきます。瞼の脂肪吸引といっても大掛かりな施術は必要ないので気軽に挑戦することができます。千葉県の美容外科で使われている施術方法は、まぶたを大きく切らずに脂肪を除去する方法を使用します。この方法は、上の瞼に小さな穴を開けます。そこに医療機器を当てて、脂肪を吸引していきます。この施術方法で吸引することができる脂肪は、眼窩脂肪といって眼球の周りにありクッションの役目を果たしている脂肪を取り除いていきます。この眼窩脂肪は、とても柔らかい脂肪なので小さな傷からも吸引することができるのです。

千葉県の美容外科では、二重整形のときにも使います。埋没法という医療用の糸を使って二重を作る施術の際に、眼窩脂肪を一緒に吸引することで、腫れぼったさがない綺麗な二重を作ることができるのです。なので、二重整形のときにも、使うことができる施術方法です。この方法は、二重整形のときには効果を実感することができても、眼窩脂肪吸引のみの施術の場合は効果を実感することができない場合もあります。理由としては、瞼の腫れぼったさが眼窩脂肪以外で原因だった場合です。この場合、どんなに眼窩脂肪を吸引して取り除いても、他に原因があるため、その原因を治療しない限り改善することができないのです。眼窩脂肪を取りすぎてしまうと、目のくぼみに繋がるので、老けた印象を与えてしまう場合もあります。なので、むやみに吸引することはできません。

こういった理由から、眼窩脂肪吸引を行なっていない美容外科も千葉県にはあります。眼窩脂肪吸引を行なっていない美容外科では、メスを使って皮膚を切り取り、そこから脂肪を除去する方法や、瞼のたるみの原因になっている皮膚を切除する方法を使う場合もあります。この二つの方法は、メスを使った施術が必要になるため、入院して、きちんとしたアフターケアを受ける必要があります。そのため、プチ整形のように、日帰り手術を受けることはできませんが効果を実感することはできるでしょう。千葉にある美容外科ならば、専門の医師が、手術から退院日までのアフターケアをしっかりと行なってくれるので、安心です。設備の整った環境で術後の経過を見ているので万が一の場合も、しっかりと対応してくれます。実際に、施術を受ける場合は施術に使う医療機器の説明、施術前に気を付けることや、術後の経過など事前にいろいろと聞いておくと良いでしょう。施術前に、カウンセリングを必ず受けるので、その時に話をきくことができます。カウンセリングでは、実際にシミュレーションを使って仕上がりの確認をすることができます。もし、イメージと違った場合は、すぐに医師に相談して、自分の満足いく結果を求めるようにすることも大切です。千葉の美容外科ならば、患者が納得するまで、何度でもシミュレーションをして少しでも理想に近づけることができる施術方法を提案してくれるでしょう。